痩身エステかな
ホーム > 壮健 > 和食中心に切り替えてアポクリン腺の働きを抑える

和食中心に切り替えてアポクリン腺の働きを抑える

ワキガと食生活の関係についての解説記事です。ワキガで悩む人は必見の記事になっていますので、最後までゆっくりお読みください。ふとした時に自分はワキガではないかと思ってしまった方、結構いらっしゃるのではないのでしょうか。ワキガは気がつきにくいからこそ恐ろしいですよね。

自分がワキガであると自覚している人も、そうじゃないかと思っている人も、自身のニオイは気をつけたいものです。そんな人達は、自身の食生活についてどう思われるでしょうか。実は、肉食中心の生活を送っていると、ワキガになりやすい傾向にあります。

お肉や乳製品といった、脂質や油分が多い食品にはアポクリン腺と呼ばれる汗腺の働きを強めます。アポクリン腺から分泌される汗が、ワキガのニオイを強めているのです。また、ニンニクやニラなどのニオイが強い食品もワキガになりやすいものとして挙げられます。

普段お肉や乳製品などといったこってりしたものばかりを食べている方は、食生活を見直してみてはいかがでしょうか。食生活の改善によるワキガ対策で最も効果的なのが和食中心の生活にする事と言われております。お肉から取っていた脂質を、魚介類からの脂質の摂取や植物性たんぱく質に切り替えれば、アポクリン腺の働きを抑えることが出来ます。

また、和食は栄養のバランスが良いので、健康面の向上も期待が出来ます。いくらニオイに気をつけていても、脂っこいものを食べてばかりいればニオイが発生するリスクが増えます。健康的な食生活を送り、ワキガにも打ち勝ちましょう。

ワキガを治す裏技